古い天窓の雨漏り                  

天窓交換のご依頼をいただいた相模原市 O様。

長年、天窓周辺の壁紙の黒ずみが気になっていて。 


変色の原因は ・ ・ ・ ・ ??
タイトルに答えが出ているじゃん。って( 汗 )


そうなんです。


わかっているようで信じたくない現実。
天窓には、寿命があります。





多くの場合それは、「雨漏り」 という形で現れてしまいます。

O様が検索された国内シェアNo.1の天窓メーカー 日本ベルックスさんによると、
一番保証期間が長い同社の製品でも、取付後30年程度が限界とされております。


気になる本体は、このようになっていました。




そもそもなぜ雨水が持ってしまうのか ・ ・ ・

天窓は降雨時は,、まるで水に浸かったかのような状態が続きます。
また、晴天になれば、より直角に近い角度で太陽光・紫外線を浴びます。
さらにそれに伴って、特に夏場は高温な状態が続く。

つまり通常の壁につく窓の、数倍過酷な状況にさらされています。

そのため止水の生命線であるガラスと枠(通常断熱性の高い木枠です)の
接着部分の「ブチル」と呼ばれる防水ゴムが、一定の速度で劣化するため
壁につく窓に比べ「寿命」が短くなります。

ですのでメンテナンスや交換が、どうしても必要になってきます。



       (開閉天窓は猛暑を乗り切る強い味方)


国内No.1シェアの日本ベルックスでは、定期的なメンテナンスと
登録施工店による、設置20年以上経過した天窓の、交換を推奨しています。

交換の技術的なバックアップ体制も整っておりますのでご安心ください。

しかし気候条件で、場合によっては寿命が伸びたりもします。
決していたずらに交換を進めたりはしません。

快適な天窓ライフの為には、劣化が気になった時点で、屋根・天窓の専門家に
早めにご相談することをお勧めします。